宅配クリーニングで格安なサービスをご提案

ヘッダー

よく分からないお店にお気に入りの服を出してはいけない!

    

その日は、普段から通っているクリーニング店が臨時でお休みをしていました。

そのクリーニング店以外のお店を知らなかった私は、ネットで「近い場所という条件を優先」し、あるクリーニング店を選んだのです。

安易な考えで、小規模スーパーの中に入っている別の系列のクリーニング店に、当時気に入っていた赤色のカーディガンを持って行ってしまったのでした。

クリーニングを出した時の店員さんの印象は、とても良かったのです。

私が「赤なので色落ちしますかね?」と聞いた時も、大丈夫ですよとサラッと返されました。

ところが1週間後、見知らぬ電話番号から着信がありでてみると、それはクリーニング店からの電話でした。急いでクリーニングを取りに行くと、前回とは違う店員で印象も悪いです。

受け取ってみると、私のカーディガンは赤色の面影を残した、おかしなピンク色に...。

後日聞いてみると、私の相手をした店員は辞めて引継ぎも全然されておらず、色落ちの件も聞いていないとのこと。しかも謝りもせず、お詫びのしるしがクリーニングの割引券。

もうこんな店、絶対に行きません!